自転車旅行その6 神戸相続サポートセンター オークラ

2012.08.21

 旅に出るときは、ただ走るだけじゃつまらないので、テーマを持って走ることにしています。沖縄は2度行ったことがありますが、いわゆる観光客が行くべきところに行って、食べるべきものを食べるといった旅行でした。それも悪くはないのですが。

 

 今回は沖縄B級グルメとオリオンビールというテーマです。自転車で沖縄を走るのも初めてです。

 

 

 



 

 いよいよ沖縄本島一周ツーリングの出発。本土では寒波襲来とのことだが、ここ沖縄でもこの冬一番の冷え込みとか。それほど寒さは感じないが風がすごい。この時期は北風とのことで今日一日風との戦いになりそうだ。

 


  沖縄は車社会と聞いていたがほんとに車が多い。歩道も整備されていないところが多く走りにくい。(今回のツーリングコースは全般にわたってそうだった。やはりヤンバル地方か離島に行かないと走りは楽しめないのかもしれない。)中城城跡へ向う県道に入ってようやく車の数が減る。城跡を見学しているとポツポツと雨が頬に当たる。参ったなあ。幸い本降りにはならなかった。



 

 

 


 

 

   勝連城跡から見えた海中道路へと進む。ここは埋め立ててできたところらしい。あいにくの天気なので海の色が今一つ。沖縄ではこの季節は晴れた日は少ないとのこと。3月ぐらいまでどんよりとした天気が続くらしい。(どおりで飛行機代も安いはずである。)

 

  橋を渡ろうとするがすごい横風で吹き飛ばされそうになる。悪戦苦闘していると冷たい水がかかってくる。最初は波しぶきが飛んできていると思っていたが、どうやら雨のよう。急にザーッとスコールのように降ってくる。もう少しで海の駅に着く。

 

 待ってくれーと言ったが祈りもむなしく結構濡れてしまった。休憩がてらアンダギー(沖縄風ドーナツ)を初めて食べる。なかなかうまい。天気も悪いので、宮城島、伊計島はパスして宿のある浜比嘉島に向かうことにする。

 

 





 

 

   ここ浜比嘉島は、赤瓦屋根の家が残るなかなか風情のある島である。4時頃宿に到着。シャワーを浴びる。(沖縄では入浴の習慣がなく、シャワーだけで済ませるらしい。)民宿では晩御飯を頼んでおいたのだが、うまく伝わってなかったようだ。あり合わせの物ですけどということだったが、中々どうしてうまいうまい。

 

 特に素材が全て新鮮なのには驚いた。海ぶどうも出てきた。初めて食べるがプチプチした食感がたまらん、うまいっす。(季節外れの民宿で生ビールが出てきたのにも驚いた。これもオリオンビールの指導の賜物か。)50肩のリハビリ運動をして、痛くならないことを願いながら床に就く。

 

 



(続く)

 

無料相談実施中!
相続手続き、相続税、遺言書のことなら 神戸 相続 サポートセンターにお任せ下さい。
親切、丁寧に対応致します。
0120-953-720までお気軽にお問い合わせ下さい。

相続発生後に至急やるべきこと

今から備える生前対策

無料相談

無料相談

電話する

電話する

メールする

メール

料金表

料金表