故人に認知していた子供がいたようなのですが

法律上婚姻関係の無い男女の間に生まれた子供を「非嫡出子」と言います。
非嫡出子でも、生前(遺言でも可)に認知していれば、法定相続人となります。
認知していない(遺言もない)場合は、法定相続人に該当しませんので、遺産相続に関する権利は一切ありません。

 

 

 

その1.税務署から「相続についての御案内」が届いたのですが
その2.相続税の申告が必要かどうかわからないのですが
その3.もらった香典はどうしたらよいのですか
その4.机の中から遺言書が出てきたのですが
その5.故人が他人の連帯保証人になっていたのですが
その6.故人の預金は勝手に使っていいのですか
その7.故人に認知していない子供がいたようなのですが
その8.財産の分割がまとまらないのですが
その9.分ける財産が自宅しかないのですが
その10.土地や建物の名義は変えないといけないのですか
その11.相続人の1人と数年前から連絡が取れないのですが
その12.相続財産より引き継ぐ借金のほうが多いのですが
その13.生命保険金もみんなで分けないといけないのですか
その14.亡くなる3ヶ月前に、兄が相続財産の大半を贈与してもらっていたのですが
その15.相続税が高すぎて支払えそうにないのですが


お問い合わせ・無料相談会のご予約はこちら!

神戸相続サポートセンタースタッフ 神戸相続サポートセンタービル


相続の気になる内容はこちら!

相続の流れ ●遺産をわける ●名義を変更する ●相続税の申告
遺言書


トップへ戻る(目次へ戻る)

名義変更等手続き相続税申告も任せて安心納得
神戸相続サポートセンターへ
事務所案内 ●相続相談会 ●サポート料金 ●相続Q&A ●アクセス
当サイト を お気に入りに追加する