相続税を少なくする分割の方法を教えてください。

相続税を少なくする分割の方法の一部をご紹介致します。
(1)被相続人に配偶者と子供がいる場合
被相続人に配偶者がいる場合で、相続財産がそれほど多くなく、二次相続時(一次相続をした配偶者の死亡時)に税負担が生じない場合では、配偶者の税額軽減を使えるように財産を分割するのが有利となってきます。
二次相続時に相続税が発生する場合には、一次相続時で配偶者の取得分を多くして配偶者の税額軽減を使うと、二次相続での子供の負担が予想以上に重くなることがありますのでご留意ください。
配偶者と子供との分割では二次相続も考慮し、税額のシミュレーションをした上での分割が望ましいのではないでしょうか。
(2)高収益物件がある場合
賃貸マンションやアパートなど高い収益を生む財産は、一次相続で配偶者が取得すると二次相続時の財産が増えてしまうので、子供が相続することが望ましいでしょう。その他土地や株式など、将来値上がりが期待される財産も一次相続で子供が相続するのがよいでしょう。
(3)土地の取得方法の工夫
相続財産のなかで、土地を複数の相続人で分割して取得した場合には、分割後の利用区分ごとの評価となるため、相続税が安くなることがあります。
当センターは税理士事務所が母体ですので、相続税の概算の算出や、最適な分割方法のアドバイスも致します。
詳細につきましては無料相談をご利用ください。

 

 

 

その1.税務署から「相続についての御案内」が届いたのですが
その2.相続税の申告が必要かどうかわからないのですが
その3.もらった香典はどうしたらよいのですか
その4.机の中から遺言書が出てきたのですが
その5.故人が他人の連帯保証人になっていたのですが
その6.故人の預金は勝手に使っていいのですか
その7.故人に認知していない子供がいたようなのですが
その8.財産の分割がまとまらないのですが
その9.分ける財産が自宅しかないのですが
その10.土地や建物の名義は変えないといけないのですか
その11.相続人の1人と数年前から連絡が取れないのですが
その12.相続財産より引き継ぐ借金のほうが多いのですが
その13.生命保険金もみんなで分けないといけないのですか
その14.亡くなる3ヶ月前に、兄が相続財産の大半を贈与してもらっていたのですが
その15.相続税が高すぎて支払えそうにないのですが

 

主なご相談メニュー

  • 遺産相続の流れ
  • 相続財産の名義変更
  • 生前贈与
  • 相続税の申告
  • 遺言書作成
  • 生前対策と成年後見

お問い合わせ・無料相談会のご予約はこちら!

神戸相続サポートセンタースタッフ 神戸相続サポートセンタービル


相続の気になる内容はこちら!

相続の流れ ●遺産をわける ●名義を変更する ●相続税の申告
遺言書


トップへ戻る(目次へ戻る)

名義変更等手続き相続税申告も任せて安心納得
神戸相続サポートセンターへ
事務所案内 ●相続相談会 ●サポート料金 ●相続Q&A ●アクセス
当サイト を お気に入りに追加する