遺言書と遺書との違い

遺言書

  1. 定められた形式にのっとっており、法的効力がある
  2. 自分の死後に配偶者や子供が困らないようお金を残したり、
    世話になったひとに財産を寄付することができる
  3. 死後に自分の愛情を周りに伝えられる積極的なメッセージとなる

また、

  • 法律で定められた様式に従って作成しなければ効力が生じない
  • 「公的文書」としての性格がある
  • 財産や身分上の相続手続きの根拠書類になる

 

遺書

  1. プライベートなメッセージを伝えられる。法的効力なし

また、

  • 形式が決まっておらず、自由に書ける
  • きわめて私的な文書で、他人に見せる必要がない

 

付言事項

遺言書には付言事項というものがあります。
これは遺言書の追記として、自分の気持ちを遺族に伝えるものです。

 

今まで伝えられなかった家族に対する感謝の想いや、なぜこの遺言書を
書いたのか、このように遺産を分割した理由などを記載しておくと、
遺族も納得しやすいでしょう。

 

付言事項は必ず書かなければならないというものではありません。

 

 

 



お問い合わせ・無料相談会のご予約はこちら!

神戸相続サポートセンタースタッフ 神戸相続サポートセンタービル


相続の気になる内容はこちら!

相続の流れ ●遺産をわける ●名義を変更する ●相続税の申告
遺言書


トップへ戻る(目次へ戻る)

名義変更等手続き相続税申告も任せて安心納得
神戸相続サポートセンターへ
事務所案内 ●相続相談会 ●サポート料金 ●相続Q&A ●アクセス
当サイト を お気に入りに追加する