病院へ行くと高齢化社会を感じます

2017.11.24

皆様、こんにちは。

神戸相続サポートセンターの出山です。

 

私事で恐縮ですが、

11月は実母の検査、入院、手術、退院で終わった1ヶ月でした。

 

病院へ何度も何度も足を運んで感じたことは、

本当に高齢者が多いんだな・・・ということでした。

病院内で見かけるのは、

高齢者とその子供と思われる付添い人ばかり。

つまり、私と母の組合せのような人達ばかりでした。

 

お医者様のお話によると、

その病院では、手術をするのは70歳代、80歳代がほとんどで、

90歳代も珍しくないということでした。

 

患者さんが80歳代、90歳代になると、

付添い人である子供もそんなに若くはなく、

元気でいなくちゃいけないなぁ、とつくづく思いました。

 

そして、母も私も元気なうちに

今後のことを考えて、片付けたり、相談しておかなくては・・・

と改めて思いました。

 

健康が一番、準備は早いうちに、ですね。

 

 

 

★無料相談実施中
相続手続き、相続税、遺言書のことなら 神戸 相続 サポートセンターにお任せ下さい。
親切、丁寧に対応致します。
0120-953-720までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

相続発生後に至急やるべきこと

今から備える生前対策